イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

酒粕が好き 甘酒が好き 日本酒も好き 運命の最初の一杯は、たぶん神田明神の甘酒 

酒粕が好き 甘酒が好き 日本酒も好き 運命の最初の一杯は、たぶん神田明神の甘酒 

酒粕が人より好きなのは気づいていました。

酒粕漬けの魚が子供の時から好物でした。

麹で母が甘酒を作ってくれたことも幼い頃はありました。

でも、酒粕をちぎって、砂糖と塩少々で味を調えてつくった簡単な甘酒をよく作ってくれ、それが大好きでした。

姉と違って料理に全く興味がなかった自分ですが、甘酒だけは物心ついたときに作っていた記憶があります。

10歳まで住んでいた秋葉原の近くにある神田明神さんには、夏祭りの時、そして年始に行っては、甘酒を飲んでいた気がします。

米粒の入った甘酒だったと思いますが、明確には覚えていません。

幼少期に食べたものが、すべて好きになるとは思ってはいませんが、甘酒、酒粕は私にとってソウルフードに近いと最近気づきました。

川越の小江戸鏡山酒造の酒粕クリームチーズ

酒粕系の食品は、色々食べていますが、最近の新作です。

クリームチーズとのコラボ商品は初めてです。

純米酒漬込熟成、特性袋しぼり酒粕と書いてあります。

裏の説明書きには、~和と洋の饗宴~

「なめらかなチーズを鏡山特製袋しぼり酒粕と純米酒に漬け込み熟成させました。芳醇な酒粕の香りとコク深いチーズのマリアージュをお楽しみいただけます。」

とあります。

食べるとチーズっぽいのですが、口の中に酒粕の香りが残ります。

チーズがメインではありますが、なかなか面白い味わいです。

酒粕が好きな方は、お試しください。

小江戸川越のお土産にもなるのではないでしょうか。

私は、近所の行きつけの酒屋さん『まるげん』さんから買いました。

酒粕、甘酒、どぶろく、日本酒などなど、関連食品これから紹介しますね。

食レポはついつい書かないことが多いのですが、自分の好きな物については、紹介したい意欲があります。

『小江戸鏡山酒造』さんのフェイスブックには、この商品のことが書いてありました。

ホームページには見当たらないのですが、欲しい方は、フェイスブックでチェックしてみてください。