イベント開催のご案内 12月16日(土)

サファリに行きたい方、アフリカに行きたいけど、どうしていいかわからない方、ぜひ一度お話を聞きに来てください! あなたの疑問にお答えするイベントです。 今回は、10月に行ってきたナミビア&ボツワナ エトーシャ国立公園でのサファリとカバンゴ川、オカバンゴ・パンハンドルエリアでのクルーズの旅の模様も、第2部でお話します。
  • 開催日時: 12月16日(土)14:30~16:30(14時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

ボツワナ オカバンゴ川 パンハンドルエリアの宿でのカバの糞観察

ボツワナ オカバンゴ川 パンハンドルエリアの宿でのカバの糞観察

カバは夜になると上陸して、草を食べます。

昼間は水の中で過ごすことが多いです。

皮膚が弱いので、日焼けからカラダを守るためと聞きますが、あの巨体を陸上で維持するよりは、水中のが楽でしょう。

日没頃から上陸し、餌を食べながら、オスは縄張り行動として、糞をする際に尻尾で糞を撒き散らします。

撒き散らすため、オスの糞は一箇所にまとまらず、ブッシュの中で飛び散ってこびりついています。

一方、メスは一箇所にします。

ボツワナで2泊した宿は島にあり、行くのに船に乗って行きました。

到着して聞いた『重要な安全性を保つための約束』に、『夕食後は部屋の外に出ないこと』がありました。

理由はカバが来ているから、です。

「写真撮りに行ったり絶対にしないで!」とも言われました。

過去にそういう事があったんだろう想像はつきます。

そして、

カバが、2日目の夜に実際に来ました。

テント式タイプのコテージなので、外の音がよく聞こえます。

明らかに、近くにカバがいます。

朝の3時40分。

移動しながら食べているのが気配と音で感じます。

そして時々、ウゥ、ウゥ、ウゥ、ウゥ、ウゥ、ウゥ、ウゥーと、声も聞こえます。

コテージの中にいるには絶対安全と言われましたが、私は絶対は信じていません。

強力なライトを持っているので、照らしてみたい衝動にもかられましたが、突進されたら怖いし、また寝ることにしました。

しかし、気になって目がちょくちょく覚める。

というか、唸られるたびに目が覚める。

だんだん慣れて来て、あーまだ居たのね〜〜、と思いつつ、寝て起きてを繰り返す。

やや明るくなってきたけど、6時半からの観察のスタート前に私は部屋を出れるのだろうか?と時間が気になり出した頃、大きいものが水の中に入って行く気配と音がしました。

何かが潜っていく音、それに空気が漏れていく音。

あー川に帰って行ったのね。

よかった。

その日の朝の観察では、カバが居たあたりに行きました。

そこで、カバの糞の仕方をガイドから教わりまし。

オスの糞は、周辺の灌木にこびりついていて、もうかなり乾燥して分かりにくいものでしたが、メスのそれはひと塊りで、糞らしい分かりやすいものでした。

そして、その晩はゾウも島に来てました。

宿のマネジャーのショーンに翌朝、ゾウを昨夜遠くまで追い払いに行った話を聞きました。

怖かったとも。

そりゃあ、そうだろう。

体の大きな人でしたが、もちろんゾウより小さいし。

ゾウを追い払いにいくことを、本で読んでいましたが、実際にしてる人に会うとは思っていなかった。

そして、ゾウの新しい糞もありました。

ゾウのが一番フレッシュでした。

ということは、ゾウも近くに居たのか昨夜はと。

気付いてなかっただけ。

ボツワナ・オカバンゴ川沿いの宿、パンハンドルとよばれるエリアでの話です。

庭に信じられないくらい鳥がいて、楽しい2日間でした。