慣れないことで脳への負荷が予想以上にかかっている時 異様に眠くなると気づく

南アフリカ クドゥ 若い雄

IT関連が得意でありません。

ただいま、詳しい人に月に一度、聞きたいことを尋ねながら、

そして仕事に必要な新しいパソコンや機器やなんでも、教わりつつ、練習しています。

これが、結構、私の脳には負荷が高いと昨日よくわかりました。

昨日、午前中がその月に一度のコンサルの日だったのですが、かなり疲弊したことに後から気づきました。

でも、その時間は、毎回とても短く感じられます。

えっ!というくらい、あっという間に立ちます。

とても集中しているのはもちろんですが、頭がフル回転で動いていて、時々フリーズするのですが、

いつもと違う脳の場所が活発に動いているような気がします。

そして、午後は、また別のイベントにそのまま参加し、

夕方、帰宅し家族の食事を作り終わった時点で力尽きました。

久しぶりに、ごはんを食べる席に座りながら、寝ました。

ツアー後の時差ボケ時は、時々やりますが、その時とは違う感じで、

サーフィンをやっていた頃、体が辛すぎてすぐ寝るということはありましたが、それとも違う感じでした。

8時過ぎに本当に寝ました。

早く寝ると腰痛で目が覚めるのですが、6時まで眠れましたので、久々の10時間睡眠!!

「ITが苦手だというのは、私バカです。」と言っているようなものだと、

何かで読んだか、言われたか忘れましたが、その時、衝撃を受けました。

これから、そういう時代なんだなぁと。

うだうだ言っていないで、やれるとこまで、やってみようというのが今の気持です。

「今が一番つらい時」というのを信じて、頑張ろうと思っていますが、体は、脳は正直だなぁと。

もう少し、多大なる負荷がかかっていることを認識して、コンサルのあとは頭を休憩させようと思いました。

すごく眠れる時って、「休め」の信号だと思います。

大事なことに、もっと集中しようと思います。

アイキャッチの写真は、南アフリカで撮影した、若い雄のクドゥです。

ちょっと緊張感が漂う中、凛々しい、シュっとした感じが大好きです。

なんとなく頭のスッキリしない今日、気分転換しようと思いこの写真を選びました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。