劇的な心境の変化は突然やってきた 自分の道は自分で選びたい

「親と上司は選べない」と、何度も聞いたし、親子関係で身に染みてわかっていたつもりだった。

でも、去年、自分が変わることで、親子関係が激変し、想像できなかったくらいの良好なステージに、変化は徐々にだったが、大きく変わった。

その変貌ぶりは、いまでも、時々、信じられない気持ちになるほど。

話は変わって、私が大事にしてきた仕事に対する気持ちが、ある日のある出来事で大きく動いた。

娘を産んでからもうすぐ14年、0歳児からの保育園時代も、小学校6年間も、数々の難所はあったけど、どうにか両立を続けてきた。いろいろな人の助けを借りて。でも相当きつかった。

それでも、海外で、インフラすら整わない国の現状を目の当たりにし、夜に冷たいコンクリートにそのまま寝るストリートチルドレンをホテルの自室から見たり、水汲みにひたすら歩く人を見たり、太った人がいない、よく食べていなくて痩せているという国の人を見たりしていると、日本でどんなにつらくても、自分はまだましな方だと毎回、心底思え、そして、また帰ると、頑張れた。

そんな風にして、必死に守ってきた、継続してきた、愛おしかった仕事を、もう辞めようと思ったのは突然だった。しかも信じられないくらい、すぱっと、あっさりだった。

心が整ったせいかもしれないが、不思議なくらい、すっきり、はっきり、迷いなかった。自分の道は自分で選びたい。そう思った。

ちょうど半年前の頃、感じたままの勢いで書いたけど、アップするのは止めた記事を発見。最後の2行を書き足し、時系列を書き直して、アップします。タイトルが、自分でいま読んでもドキドキする。なんだか面白い。半年前は、まだ悩み深き時でした。半年ってあっという間だなぁ。

☆写真はナミビアのカバンゴ川に落ちる夕日です。どうしてこの写真を選んだかなぁ。店じまいの気分だったかもしれない。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。