ハシグロボウシインコ Black-billed Parrot

ハシグロボウシインコ Black-billed Parrot

撮影国:ジャマイカ

撮影地:ポートアントニオ周辺

撮影時:2018年1月15日

メモ:ジャマイカにいるインコ3種のうち、最も数が少なく近年見るのが難しい固有種で、近絶滅種。

ガイドが最近、ナショナルジオグラフィックのカメラマンと2週間探したけど、その時は見つからなかった鳥と話してくれた。

これが観察できたのは、幸運でしかない。

道路から10m位離れた所で、2羽で静かにラブラブしていた。

左の子が、右の子に一方的に羽づくろいをし、右の子は気持ちよさそうにしていた。

インコのこういう姿をみると、心がゆるむ。

中南米には中型のインコが多いが、留まっているのはではなく、飛んでいるのを見かけることのが多い。

ハシグロボウシインコの学名、Amazona agilisの属名、Amazonaの仲間のインコは、浅くて速い羽ばたきが特徴。

ジャマイカは3種しかいないから、インコの識別(種類をみきわめる)は難しくないが、

種数が多いところでは、飛び方で仲間をしぼり、そして一部を観察し、種を決める(識別する)必要がある。

難しくてよくわからないが、インコ好きなので、覚えようとはしている。

じっくり見たいといつも思っているが、ほとんどそれはかなわないインコ。

そこにいてくれて感謝です。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。