キエリボタンインコ Yellow-collared Lovebird

キエリボタンインコ Yellow-collared Lovebird

撮影国:タンザニア

撮影地:タランギーレ国立公園

撮影時:2018年2月1日

メモ:英名(英語の名前)がラブバードとあるように、ペアの仲睦まじい様子見せつけられることも多い。

早朝サファリに行き、一本の樹に複数のペアが、お互いに羽繕いをして頭をかきあって、イチャイチャしているのを見たことがある。

鳴き声が特徴的、わかりやすいインコの声なので、その声で気付くことも多い。

インコを飼ったことがある人には、野生で見るとたまらないでしょう。

サファリ中は、小さいグループで移動しながら地面に落ちた種を食べたり、樹の上にとまる姿を見かける。

体長15センチ位の小型のインコ。

見られる頻度は低くないので、近寄って見えるタイミングを待とう。

キエリボタンインコの黄色部分が、オレンジ色のルリゴシボタンインコ Fischer’s Lovebirdという似た種も北部タンザニアには生息している。

ルリゴシボタンインコのほうが数は少ないが、セレンゲティ国立公園では比較的見られることが多い。

2種類いると思って観察していると気づくでしょう。

小さいので、遠くにいて直射日光がギラギラ当たっていると色がわかりにくいことがありますが、写真判定すれば間違えにくいでしょう。