突然失明しないための備えに! 強度近視の人は要注意です

2週間前、自分の右目の網膜に穴が開いていることが判明し、即日レーザー手術をし、とりあえず網膜剥離⇒失明の危機、を脱しました。怖かったです。

老眼がすすんで、メガネが合わなくなってきてよく見えないのだろうと思っていましたが、お客様に「ちゃんと眼科に行って、一度は診てもらいなさいね!」と言われていたので、行って『眼底検査』をしたところ、判明しました。

『眼底検査』をしないと、網膜剥離や緑内障など、本当にマズい目の病気はわからないようです。なので、一般の健康診断ではわかりません。

『眼底検査』は目薬で瞳孔を広げるので、検査後3時間程度、ものが見難いし、病院に行く時間等も含めると半日~1日がかりになりますが、40歳を過ぎて、強度近視の人は、目に異常を感じたら受けた方がよさそうです。

自分は普通の人よりも、野外にたくさんいるので、直射日光をたくさん浴びているし、紫外線もより強そうなエリアによく行くせいかと思って先生に聞いてみましたが、関係ありませんと。

近視の人は、眼球の形がきれいな球形でなく、ラグビーボールのような形だそうで、負担がかかる部分があり、網膜剥離になりやすいそうです。

外科に1ヵ月ほど病院通いをしていて、それが終わった帰り道に眼科にも行って全部終わらせておこうと思ったら発覚しました。アドバイスは素直に聞くものだと思いました。またもや、ぎりぎりセーフ、運が良かったです。海外で突然見えなくなったら恐ろしすぎます。

穴が開いて、水が溜まっていたそうで、「最近開いた穴ではない。」とも言われました。

「剥離しないようにレーザーやっておいた方がいいわよ、今日しますか?早い方がいいけど。」と簡単に言われましたが、実際にレーザーを当てるのは、時間にして5分もなく、あっというまに終わりました。

『視力を失わない生き方』を読んだのは、もちろん、この件が発覚後に、目の病気に関して知識を得ておこうと思ったからです。

怖い話ががたくさんでてきますが、いざというときは、すぐにこの先生の病院に行こうと!思えた本でした。

ツアー時に観察していないときは、サングラスをかけることにしました。メガネも、レンズが大きいものに替えました。

強度近視の方は、読んでおくと安心ですよ、オススメします。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。