10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

キムネツメナガタヒバリ Yellow-throated Longclaw

キムネツメナガタヒバリ Yellow-throated Longclaw

撮影国:タンザニア

撮影地:アルーシャ国立公園

撮影時:2018年1月27日

メモ:黄色の美しい鳥。

ほぼだいたいこの公園で、枝先にまたは、こういう岩の上で毎年見かける。

お腹を見せてくれれば、かなり黄色く目立つので、見つけやすい。

背中側からだと、別の鳥のように地味だけども。

そんなことはありえないけど、この鳥みたいに、みんな目立つところに出てくる習性だと

見やすくていいのにと思ってしまう。

この種は、喉からお腹全体まで黄色いが、喉だけ黄色い種もこのエリアにはいる。

そちらの方が数が圧倒的に少ない。

また、喉が赤いベニバラツメナガタヒバリ(Rosy-breasted Longclaw)という鳥もいる。

色違いの鳥というと乱暴だが、ベニバラツメナガタヒバリは、写真の鳥の喉を赤くして、茶色のお腹にしたという感じ。

それは、ンゴロンゴロのクレーター内でしか見たことがない。

どちらも草原、サバンナの鳥だが、より水分が必用とかで、住み分けしているようだ。

図鑑を読み比べて知ったのだが、

実際に二つの公園の水分量の違いを肌で感じて理解しているので、

あ、そうだよねと納得できる。

そんなことに、気付けると面白い。

水分量って生き物が生きていくうえで本当に大事だよね。

また一つ、証拠を見つけた感じがうれしい。