ベニバラツメナガタヒバリ Rosy-breasted Longclaw 

バラエリツメナガタヒバリ

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区 クレーター

撮影時:2018年1月28日

メモ:ンゴロンゴロ自然保護区のクレーターに下りたら探す鳥です。

クレーターの中にはクロサイがいて、

北部タンザニアのほかの公園では見るチャンスがないので、全てのサファリカーのドライバーガイドが常に探します。

探していなかったら、もぐりのドライバーでしょう。

鳥が好きな方には、この鳥を探してくださいねと私はお伝えしています。

今までの経験上ですが、北部タンザニアでは、クレーター内でしか観察したことがありません。

しかも、毎回観察できるわけでもありません。

今回は、水浴び直後のタイミングだったため、

すぐに飛んでいかず、しかも、クレーターでのサファリをスタートして

わりと早い段階で出てきてくれました。

ひと安心でした。

草丈30センチ位の中に、ひっそりと静かにいることが多いので、

車で走りながら、草の中をずっと探しています。

赤いので目立ちそうですが、案外目立ちません。

20センチ程度の小鳥ですが、本物を見た方は、鳥好きでなくても喜ばれます。

赤、青、黄色、三原色系の鳥は人気です。

海外の鳥は派手なので、普段鳥を見ない方でも、

動物好きならとっても楽しいでしょう。

タンザニアのサファリを経験後、

たくさんの鳥を見て触発され

バードウォッチャーになられた方も複数いらっしゃいます。

そんな体験をご案内が出来たら、私もとてもうれしいです。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。