10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

ベニバラツメナガタヒバリ Rosy-breasted Longclaw 

ベニバラツメナガタヒバリ Rosy-breasted Longclaw 

撮影国:タンザニア

撮影地:ンゴロンゴロ自然保護区 クレーター

撮影時:2018年1月28日

メモ:ンゴロンゴロ自然保護区のクレーターに下りたら探す鳥です。

クレーターの中にはクロサイがいて、

北部タンザニアのほかの公園では見るチャンスがないので、全てのサファリカーのドライバーガイドが常に探します。

探していなかったら、もぐりのドライバーでしょう。

鳥が好きな方には、この鳥を探してくださいねと私はお伝えしています。

今までの経験上ですが、北部タンザニアでは、クレーター内でしか観察したことがありません。

しかも、毎回観察できるわけでもありません。

今回は、水浴び直後のタイミングだったため、

すぐに飛んでいかず、しかも、クレーターでのサファリをスタートして

わりと早い段階で出てきてくれました。

ひと安心でした。

草丈30センチ位の中に、ひっそりと静かにいることが多いので、

車で走りながら、草の中をずっと探しています。

赤いので目立ちそうですが、案外目立ちません。

20センチ程度の小鳥ですが、本物を見た方は、鳥好きでなくても喜ばれます。

赤、青、黄色、三原色系の鳥は人気です。

海外の鳥は派手なので、普段鳥を見ない方でも、

動物好きならとっても楽しいでしょう。

タンザニアのサファリを経験後、

たくさんの鳥を見て触発され

バードウォッチャーになられた方も複数いらっしゃいます。

そんな体験をご案内が出来たら、私もとてもうれしいです。