ジャマイカ キングストン空港 搭乗ゲートがない不思議な作りの空港

ジャマイカコビトドリ

ジャマイカの話が二日続いたので、ついでに書こうと思いました。

初めて行く国は、地球の歩き方を読んだり、

ウェブで、ウィキペディアやほかいろいろなものから情報を得ようとします。

私が一番欲しいのは、空港の乗継情報でしょうか。

でも、ほとんど、本当に欲しいことは載っていません。

空港ですることは、基本、どこも一緒なので、

動揺することは少なくなりましたが、

それでも、国際線から国内線への乗継方法や、

空港内での乗り継ぎでいったん外に毎回出されるアメリカなど、

何か情報はないかと、毎回探します。

ジャマイカは、国内線への乗継は無かったので、安心していました。

しかし、帰国の際に不思議なことがあって、ジャマイカルールだなぁと思うことがありました。

搭乗ゲートが無いのです。

セキュリティーチェックを受けて、

飛行機に搭乗する人しか入れないエリアに入ったあと、

飛行機が出るまで待つ場所は、ファストフードのお店が数件ある前の食べるためのエリアと、

通路わきに少しだけあるベンチしかないのです。

早く搭乗ゲートに行って、座って待つつもりでいましたが、

入れてくれません。

まだ待てと。

飛行機に乗る前に待つスペースがないのがその理由です。

搭乗間際になって、やっと通してもらえます。

そして、そのままながい通路を歩き、

直接、飛行機に乗るという具合です。

その段階になって、搭乗ゲートがないから、

先に行かせてもらえなかった理由というのもわかりましたが

かなり国際スタンダードとかけ離れているので、

想像できず、びっくりしました。

ほかの部分はとてもきれいで整った空港でしたので、

余計に奇異にうつりました。

イスがもっとあればもう少しいいのでしょうが、

ないから、皆がエスカレーター前の狭い場所に押し寄せてしまい

係員が何度も説明しないと混乱が起きている

という問題を

ジャマイカの空港職員の方たちはわかっていないでしょう。

一日中、同じことを繰り返しているのだろうと、大変です。

もう一つ、これはよくあることですが、

セキュリティーを一度通ってしまった後には、

まともなレストランがありません。

ファストフードの中でも、うーんというものしかありませんでした。

最後にもう少し美味しいものをご案内したかったです。

国際線空港には、団体の場合、

出発3時間前到着が通常ですが、

個人なら、この空港、

もう少し間際でもいいかもしれません。

団体の場合は、

万が一つかないと非常に怖いので、

時間に余裕をもって空港に到着することは本当に大事なので

次に行くことがあっても、ギリギリに行くのではなく、

搭乗ゲートが無いという説明をすることにしますが。

まとめ

個人でジャマイカの首都、キングストン空港から出国する場合は、

搭乗ゲートがもなく、飛行機を待つスペースも他にあまりないので、

わりとギリギリ目に到着するということでもいいかもしれません。

2018年1月の情報でした。

でも、くれぐれも乗り遅れないよう、自己責任で到着時間は決めてくださいね!

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。