投資についての学び 全く違うものだと思っていたけど、通じるものがあると知った日

投資についての学び 全く違うものだと思っていたけど、通じるものがあると知った日

2017年4月に退職してから、学びたかったことの一つに

世界経済、株式投資、お金のこと全般というのがありました。

かなり大雑把な書き方ですが、

知識が足りなさ過ぎてピンポイントで書けません。

興味はあるけども、

情報がブツブツと切れて入るだけで、

相互に繋がりません。

学生のころからあまり得意でないそちらの分野は

特に、一般常識が足りていないと感じています。

人生100年時代といわれはじめ

そんなに長生きするつもりでなくても、

いつまでも、今と同じように働き続けられないというのは明白なので

不労所得というものに興味はあります。

以前、入っていた大人の塾で、

毎月引落のインデックス投信をすすめられました。

将来のためにと。

でも、なかなか着手できず、

本を読んだりもしましたが、

どうせやるなら、最高を目指したいという最上志向と、

初めてのことへの心理的ハードルの高さ、

など色々相まって、なかなか進みませんでした。

すすめられてから、

1年目は、

証券会社の資料請求までで終わってしまいましたが、

オンラインの塾で、リアルに参加した時に

何度も言われ続けたこもとあって、

2年目は、頑張って口座開設、

そして、まとまった休みの時に、

意を決して、4分割にポートフォリオして、銘柄を決めスタートしました。

自分的には相当快挙でした。

でも、その後は、放置。

あるとき、「半年に一度、見直しも必要だよ。」と言われ、混乱。

でも、減ってないし、放置でもいいかと、言い訳する自分。

訳のわからないものに手を出したことに後悔する自分。

でも、世の中的には、早く手を付けた方が、

時間のメリットが受けられるとも言われている。

そのままにしておいても、いいのではないかと迷走。

考え方の指針がないので、どうにもこうにもスッキリしなくて、

また、自分にありがちな、ゼロかイチかの考え方で

すべて止めてしまおうかと思ったりしていたのですが、

最近、ある講座を受けて、投資をするにも、

結局は人を見るんだということを初めて聞き、

あぁ、なんだ、信頼できるところを選択するという意味では

投資活動も一緒なんだと知り、

長年のモヤモヤが少しすっきりしました。

リアルなものではないから、わかりにくいけど、

自分が信頼できると思ったらすればいいし、

そうでなければ、やめた方がいい。

勝手な解釈かもしれませんが、

長期で預けることになるのですから、

自分が信頼できるもの、

自分が長年使って知っている会社に

投資したいなぁと。

いままで積み立てた、インデックス投信は

かなり悩んで、そして最後はエイヤァで決めた

その時の自分を信頼して、そのままで行こうと。

だいたい、1年に一度くらい、こういうことを考えるタイミングがあるような気がしてきました。

今年は、終わったので、また来年かなぁ。

人生そんなに長くないのに、のんびりしてるかもしれませんが

苦手だけど、気になるものは、

少しずつでもいいから着手しようと思います。

そしたら、少しは進むので。