荷物を減らす、小さくするには気合いが必要です

私のスーツケースはリモワ3個です

使いやすいスーツケースは快適な旅に、私には欠かせないものです。移動にすごくイライラするからです。骨折して松葉杖をついた時に気づきましたが、道路は全く平坦でなく凸凹して引っかかります。

望遠鏡や三脚、鳥や植物の図鑑などツアーでは荷物が重く、使うものしかなくても常に20キロ位です。お客様の荷物もよく運ぶので腰痛は職業病ですが、3年前に激しく悪くしてからは、自分の荷物の軽量化をすすめました。

昨年は、白い小さなスーツケースでタンザニア14日間を乗り切ったので、今週末からの10日間のツアーなら小さいので楽勝と思いましたが、やっていると多くなりがちです。荷物を小さくするには気合いが必要と気づきました。

旅慣れてるから荷物が小さくできる事に否定はしませんが、小さくするには強い意志が入ります。絶対に荷物が少ないと旅は楽です!それは自信を持って言えます。まして、日本なら大抵のものは買えるし、海外に行くにしても絶対に無いと困るものを持っていけば、問題ありません。

気合を入れて、荷物を減らして旅にでませんか!

ちなみに、大きいスーツケースが2つあるのは、よく壊れるからで、修理をしながら2個を使いまわしています。

先進国でない国へ行く場合は、丈夫でかつ軽いスーツケースをオススメします。小型機の重量制限やサファリカーではスペースの制限があります。

ただ最軽量はやめたい方がよいです。自分は、リモワでAIRと名の付くその当時最軽量のスーツケースが本当に毎ツアー壊れ、結局2年もたなかった経験があります。それなりに頑丈さが必要なスーツケースだと思います。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。