5月26日(日)15時 イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログにかけない裏話&タンザニアのサファリと世界の自然の旅話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、私がベストワンだと考えるアフリカ・タンザニアのサファリの行き方をはじめ世界中の自然の旅話、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:5月26日(日)15:00~17:30(14時40分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

荷物を減らす、小さくするには気合いが必要です

荷物を減らす、小さくするには気合いが必要です

私のスーツケースはリモワ3個です

使いやすいスーツケースは快適な旅に、私には欠かせないものです。移動にすごくイライラするからです。骨折して松葉杖をついた時に気づきましたが、道路は全く平坦でなく凸凹して引っかかります。

望遠鏡や三脚、鳥や植物の図鑑などツアーでは荷物が重く、使うものしかなくても常に20キロ位です。お客様の荷物もよく運ぶので腰痛は職業病ですが、3年前に激しく悪くしてからは、自分の荷物の軽量化をすすめました。

昨年は、白い小さなスーツケースでタンザニア14日間を乗り切ったので、今週末からの10日間のツアーなら小さいので楽勝と思いましたが、やっていると多くなりがちです。荷物を小さくするには気合いが必要と気づきました。

旅慣れてるから荷物が小さくできる事に否定はしませんが、小さくするには強い意志が入ります。絶対に荷物が少ないと旅は楽です!それは自信を持って言えます。まして、日本なら大抵のものは買えるし、海外に行くにしても絶対に無いと困るものを持っていけば、問題ありません。

気合を入れて、荷物を減らして旅にでませんか!

ちなみに、大きいスーツケースが2つあるのは、よく壊れるからで、修理をしながら2個を使いまわしています。

先進国でない国へ行く場合は、丈夫でかつ軽いスーツケースをオススメします。小型機の重量制限やサファリカーではスペースの制限があります。

ただ最軽量はやめたい方がよいです。自分は、リモワでAIRと名の付くその当時最軽量のスーツケースが本当に毎ツアー壊れ、結局2年もたなかった経験があります。それなりに頑丈さが必要なスーツケースだと思います。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan