イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

地味だけどかわいい ウスズミハナサシミツドリ Slaty Flowerpiercer

地味だけどかわいい ウスズミハナサシミツドリ Slaty Flowerpiercer

コスタリカの鳥です。見たとおり、茶色で、見た目は地味ですが、くちばしをみてください! 上がとがって長く、かぎ針みたいになった上下で違う形のくちばしを持つ鳥です。

蜜を吸うといっても、ハチドリのように頭を突っ込んで蜜を吸うのではなく、花の根元をかぷっと噛んで(さして)蜜をう鳥です。だから名前もハナサシミツドリ=花刺し蜜鳥、なんでしょう。

海外の鳥に和名(わめい)といって、日本語の名前をつけた人は、全部が全部、実際の鳥をみて名前を付けたわけではなく、絵や写真、又は、はく製を見て名付けたものも多いと聞いています。そういう意味では、結構正しい名前がついています。というのも、和名は変な名前がついていることも多く、悩ましいことも多いからです。

ウスズミハナサシミツドリが花の蜜を吸っています
ウスズミハナサシミツドリ Slaty Flowerpiercer

ハチドリみたいに、色とりどりの鳥もキレイですが、こういう地味なこも可愛いくて、好きです。蜜を吸っているところが見られてうれしくなりました。

目がまんまるで、ぱっちりしている子は、鳥の世界でも人気があります。また、くちばしが変わった形の鳥も人気があります。

ちなみに、この鳥は、コスタリカの固有種=コスタリカにしかいない鳥ですが、見ることが、たいへん難しい鳥ではありません。