地味だけどかわいい ウスズミハナサシミツドリ Slaty Flowerpiercer

コスタリカの鳥 ウスズミハナサシミツドリ Slaty Flowerpiercer

コスタリカの鳥です。見たとおり、茶色で、見た目は地味ですが、くちばしをみてください! 上がとがって長く、かぎ針みたいになった上下で違う形のくちばしを持つ鳥です。

蜜を吸うといっても、ハチドリのように頭を突っ込んで蜜を吸うのではなく、花の根元をかぷっと噛んで(さして)蜜をう鳥です。だから名前もハナサシミツドリ=花刺し蜜鳥、なんでしょう。

海外の鳥に和名(わめい)といって、日本語の名前をつけた人は、全部が全部、実際の鳥をみて名前を付けたわけではなく、絵や写真、又は、はく製を見て名付けたものも多いと聞いています。そういう意味では、結構正しい名前がついています。というのも、和名は変な名前がついていることも多く、悩ましいことも多いからです。

ウスズミハナサシミツドリが花の蜜を吸っています
ウスズミハナサシミツドリ Slaty Flowerpiercer

ハチドリみたいに、色とりどりの鳥もキレイですが、こういう地味なこも可愛いくて、好きです。蜜を吸っているところが見られてうれしくなりました。

目がまんまるで、ぱっちりしている子は、鳥の世界でも人気があります。また、くちばしが変わった形の鳥も人気があります。

ちなみに、この鳥は、コスタリカの固有種=コスタリカにしかいない鳥ですが、見ることが、たいへん難しい鳥ではありません。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。