野菜についたイモムシの処理どうしてますか?

触らずに、イモムシを処理する方法、

わかりました!

美味しい野菜を取るようになり、

葉物にイモムシを時々見かけるようになりました。

冷蔵庫では仮死状態に近いのか、

冷蔵庫から野菜を取り出した瞬間には、

動いていないし、

昨日は、

葉物をシンクの上でふったら、

ポロッと触らずして落ちたのですが、

しばらくすると元気よく動き回りはじめました。

イモムシの類は、もっとも苦手な生き物です。

直視できません。

今回も努力して観察しようと思いましたが、

足先の吸盤?の感じが、

体全体の形がやっぱりダメだと、

早々にギブアップ。

仕事中は、

そもそもあんまり遭遇しないのもあるし、

ギャーというのは、

職務上まずいので、

息を飲んでいますが、

自宅だと騒ぎます。

今回は、夫がいたので、

「私のもっとも苦手な物だから、(片付けを)お願い!」

と部屋にわざわざ言いに行きました。

「僕だって嫌だ。」と、

即、そうとう顔をしかめて言われたので、

「じゃ、いいです。」とあきらめたら、

「ちょっと待ってて。」と。

私は、調理を続行。

シンクの中で、だんだん活発に動き始めるのが

視界の端にはいり、

落ち着かない気持ちで、

夕食を作ること30分くらい、

やっと夫が来て、

レンジでお湯を作り出し、

お茶でも飲むのかと思ったら、

チンした熱いお湯をイモムシに投下。

動かなくなりました。

そのやり方に、かなり衝撃。

手で虫を潰す食感が嫌で、

家に入ってくる虫は手で捕まえ、

外に出して、

処理してましたが、

さすがにイモムシを外には出せないので、

いつもかなり困っていました。

野菜を作っている人に、

相談したら、

私の可愛い野菜を食べるにっくき敵だから、

手でブチブチ潰すのよ!と言われて、

かなり引いてから、

人知れず、

困ってました。

私と同じような人に、

伝わりますように。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。