電車やバスに乗って、知らない場所に行くのが苦手です

ハイラックス モルモットではありません

2年くらい前に指摘されて薄っすら気づきはじめたのですが、どうやら「電車やバスに乗って、知らない場所に行くことにすごくストレス」を感じるようです。

電車やバスは自発的に、目的の駅で降りる必要があります。それが自分には難しいのです。そもそも、知らない場所は、緊張するし、集中していないと案内が聞き取り難いのです。到着するまで、そわそわしつつ、駅を一つずつ確認してしまいます。何度か使っている駅(特に大宮駅が鬼門)でも、気を抜くと、反対方向の電車に乗ったりします。

なので、新しいところ、知らない場所に行くには気合いを入れる必要があり、元気でないとできません。というわけで、新しい場所は出来ればひとりで行きたくありません。

仕事でいろんな国、新しい場所に行くときは相当、周囲を観察し、常に気合い入ってます。そして海外の場合は、着いたら降りるだけでいい飛行機で行くので、自分にとっては一番楽な乗り物です。

ということを話すと、100パーセント笑われます。苦手なことを仕事にしていたことに気づいてなかったのです。自分の得手不得手は、自分では気づきにくいものですね。

自分は何度も同じ場所に繰り返し行って、すこしずつ見える範囲が広がり、意識しないでも自由に動けるようになるのが好きな人だとは感じてましたが、そういう理由だったのかと、ちょっと謎が解けた気分です。

写真は、セレンゲティ国立公園のピクニックサイトのテーブルの下にいたハイラックス。暑くて日陰で、体を地面につけて寝ています。自分もできれば、ハイラックスみたいに動きたくないです。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。