海外でスーツケースの破損に空港で気付いたらどうすればいいのか?

海外でスーツケースの破損に空港で気付いたらどうすればいいのか?

こんにちは、自然の旅の案内人のみきです!

海外への旅、たくさんしています。

それも、比較的、辺鄙な国ばかり。

おかげで、自分もお客様も、

スーツケースが破損するトラブルに遭う確率は高いです。

というわけで、

今回は、

「海外の空港で到着時にスーツケースの破損を見つけた場合どうしたらいいのか?」を、

お話します。

このお話、実は大変ややこしいので、

条件を上記の様に限ってお話します。

ターンテーブルでスーツケースの破損を見つけたらまず何をするか

1 荷物の破損の事故証明をもらうためのブースをさがす

荷物を受け取る場所、

ターンテーブルといいますが、

その近くか、

大きい空港なら遠くなことも多いですが、

Baggage Information とか、

そんな名称のカウンターまたは、ブースがあるので探してください。

または、

地上係員にスーツケースが壊れた旨を伝え、

場所を聞いてそれから探すのが無難ですが、

適当なことを言われたりもするので、気を付けてください。

2 スーツケースが破損したことを証明してもらう、事故証明書を出してもらう

係員がしっかりしていれば、

誘導されるがままに、

乗ってきた便の搭乗券、

Eチケット等の提示、

そして、ホテルの住所、連絡先などを伝えれば終わります。

先日、マダガスカルのアンタナナリボ空港で破損が見つかったのですが、

そこの係員は、全くわからない人で、

スーツケースが割れていたのですが、

その壊れ具合の表現について、

英語が不安だったのか、

「これはなんていうのか? どれだと思う?」

と私に聞いてきたので、あぁこれは一番まずいパタンだなぁとあきらめ、

とりあえず事故証明書だけ受け取りました。

この事故証明書が大事。

何があっても、ここで壊れたという事故証明書を、

破損に気づいた時にもらってください。

ターンテーブルのそばから離れた後、

入国後だと、

事故証明書がもらえない場合もあるので、

スーツケースが壊れていないかどうかは、

荷物受取り後すぐに確認するのがベストです。

もっとも壊れやすいのは、車輪。

スーツケースの四角のへこみ、割れ、などでしょうか。

事故証明書を受け取ったら、あとは帰国後の手続き

海外で、

自分が搭乗した航空会社に電話連絡してどうしたらいいか確認する、

空港に航空会社のカウンターがあるならそこに聞く、

という方法もありますが、

英語が得意であったとしても、

それはおすすめしません。

そんなことは時間もかかりますし、

手間はもっとかかりますので、

日本に帰国してから、

ターンテーブルのそばにいる係員に日本語で、

スーツケースが壊れたので、

その手続きをしたいといって、

窓口を教えてもらい、あとは流れに任せましょう。

航空会社が修理するか、旅行保険での修理となるか

スーツケースの破損の具合によって、

2パタンに分かれます。

激しく壊れているので、航空会社が修理をしてくれる場合、

壊れ具合が、航空会社では補償できない程度のため、旅行保険で対応してください、といわれる場合。

航空会社が補償するかしないかは、

利用された航空会社の規定によるため、

各社だいぶ違いがあります。

それは、その会社次第なので、

先進国の航空会社だから補償があついというわけではないことをお伝えしておきます。

また、そのルールも変わるので、一概に言えないためここには書きません。

とりあえず、先日のケースは、

エチオピア航空が修理をしてくれるという、案件になりました。

航空会社が修理をしてくれる場合

いろいろ書類作成がありますが、

手続きが終わると、

スーツケース修理会社の書類を渡され、

自分の都合のいい時に宅配便に取りに来てもらうように頼んでくださいと言われます。

宅配会社の着払いの伝票もその際に渡され、

帰宅して数日後に電話をして、スーツケースを渡し、

およそ10日後には、直って戻りました。

約2週間ぐらいで帰ってきますが、

次回、使用する日が間近なら、

その旨を書いておくといいでしょう。

少なくとも自分は数回、次回の添乗に間に合うように、

急いでもらったことがありますが、

余裕をもって返していただきました。

例外ケース

スーツケースの損傷が激しい、

というか、

鍵が壊れて、ぱかっとあいてしまい、

閉まらない状態で出てきたことがありました。

その際は、ちょうど同じスーツケースがなく、

それより大きなスーツケースと

小さなスーツケースを出してきて

「どっちにする?」

と聞いてきました。

もちろん、ただで、大きい方を受け取った方は、

ホクホクでした。

KLMオランダ航空利用のアムステルダム空港での出来事です。

後にも先にもそんなに太っ腹な出来事はありませんが、

そんなこともあります。

まとめ

空港で、スーツケースの破損に気づいたらどうするか?

ということで書いてきましたが、

一番大事なのは、

スーツケースが壊れていないか、

荷物を受け取ったら、必ず確認する習慣を付けましょう!

そして、

事故証明書は必ずもらう。

ちょっと、海外の空港でドキドキするかもしれませんが、

カウンターを探すのを頑張れば大丈夫です。

スーツケースが壊れないにこしたことはないのですが、

もし旅先で壊れてしまったら、

落ち着いて対応してくださいね。