1/27(日)イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログに書けないウラ話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、2018年の旅ばなし、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:1月27日(日)10:00~12:30(9時30分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

シェリュイのカヌレ サイズ大小の食べ比べ

シェリュイのカヌレ サイズ大小の食べ比べ

安定して美味しいカヌレが食べられる、シュリュイ。

3種のテイスト、
プレーン(お店では、ボルドー)、チョコレート、メイプルがある。

なぜ大きさが2つあるのか気になっていました。

大きさと値段

大 これが一般的なサイズ。

具体的に、およそ高さ4センチ、直径4センチ。

小 これが、小ぶりで一口サイズ。

高さ3.5センチ、直径3センチ。

測ってみたら、小も案外大きかった。

値段は、

大 226円

小 151円

小は大の67パーセントの料金。

大きさの違い、最も違ってくるのは食感

小は食べやすい。

全体的に柔らかくって、しっとりした感じ。

大は、本来のカヌレのサイズで、

外はカリッと、

中はもっちり柔らかい。

カヌレらしい2種類の食感を楽しみたいなら、

大がいいけど、

柔らかい部分だけが好き、

そちらだけ食べたいというなら、

小が最適。

好みの問題

結局は好みの問題になるでしょう。

カヌレは、フランス・ボルドーの伝統のお菓子、

やや重めのスイーツなので、

好きだけど、

小でも、私には十分です。

やっぱりノーマルが私は美味しい

今回、大と小で食べ比べし、

考察したかったので、

プレーンとチョコレートを大小一個ずつ計4つ購入。

チョコレートも美味しいけど、

カヌレ感が薄れて、

カヌレを楽しむなら、

やっぱりプレーン!

カヌレ購入時の今後の参考

新しいお店で、

カヌレを見つけた時、

いろんなテイストがあると、

ついそちらに目がいってしいがちだけど、

プレーンタイプを食べよう。

カヌレ本来の味を楽しませてくれるのは、

なんと言っても、プレーン。

惑わされないように、

いや、惑わされても、

プレーンを買うのを忘れないようにすれば大丈夫!

もう一つ関連記事を読まれませんか?

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan