10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

気ままに写真集 ウツボカズラの不思議な国 ボルネオマリアウベイスン その1 Maliau Basin Nepenthes’s world

気ままに写真集 ウツボカズラの不思議な国 ボルネオマリアウベイスン その1 Maliau Basin Nepenthes’s  world

マレーシアのボルネオ島、

サバ州に位置する、

マリアウベイスンは、

「ロストワールド」と言われる。

ロストワールド、失われた世界、

映画、ジュラシックパークのタイトルと同じ。

行ってみて、本当にそう感じた。

恐竜が出てきそうとも思った。

その行きにくさから、

気軽に観光しにくるような場所じゃない。

5,6時間程度の登山が出来ないと、

入れない場所だから。

マレーシアの人でも、

この場所を知る人はそれほど多くないだろうと思う。

そういう意味でも失われた世界かも。

貧栄養の森には生き物が少なく、

そんな場所で繁栄する、

ウツボカズラを見に行った。

登山しに来る団体はたくさんいても、

植物を見に、わざわざこの山に来る人はこれからも少ないだろう。