10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

羊毛フェルト YOSHiNOBU先生ワークショップ イノシシを作り もっと筋肉のつき方を観察したいと思った日

羊毛フェルト YOSHiNOBU先生ワークショップ イノシシを作り もっと筋肉のつき方を観察したいと思った日

最近のモットー

やりたいと思ったことを本当にすること。

全く縁のなかったことでも、

誘われたら考えて、

ピピッときたら、チャレンジしてみること。

流れに任せつつ、

でも、最終決断は自分でいつでもできるので、

いろんなことが出来るようになった。

というわけで、

昨年Facebookに突然流れてきた

羊毛フェルト作家のYOSHiNOBUさんを知り、

その後、展示会に行き、

今回のワークショップに参加した。

実は手芸が好きです

娘にも信じてもらえなかったけど、

子供の頃、小学生から高校生くらいまで、

手芸をよくしていました。

刺繍がメインで、

あとは、ちょっとした小物、袋とか、

お人形作りぐらいですが。

黙々と作業をして、出来上がるのが好きでした。

というか、それしか趣味っぽいものはなかったかも。

でも、趣味を聞かれて、手芸と答えたことはなかったような。

昔すぎて忘れました。

ちなみにこんなものを作ったこともありました。

うりぼうを作る

やっと本題、羊毛フェルトで、

イノシシの子供、

うりぼうを作りました。

作り方は、秘密なので書けません。

本当にできるのか?

と、途中何度も思いましたが、

先生によく修正してもらい、

ワークショップに数年通っているという方にも助けてもらい、

7時間くらいかけて、

私のうりぼうが出来ました!

「意識して作ること」

ワークショップ中に気になった言葉。

「意識して作ってね。」

と先生が何度も言われていた。

「意識してすることが大事」

ヨガでも、ランでも、

トレーナーやコーチによく言われた。

勉強、仕事、何かする時でもそうだと思う。

筋肉のつき方を説明しながら、

だからこうするという作り方を聞いて、

筋肉のつき方をもっと観察したくなった。

月曜日からまたタンザニアに行くので、

何度も見る機会のある動物、

草食動物をはじめ、

今回作った種は違うけど、

イボイノシシも違う目で見れそう。

解剖学で、この骨の上に、

この筋肉がついてを覚えた授業もあったけど、

今まで役に立ったことはなかった。

羊毛フェルトをして、そんなことを思い出すなんて、想像してなかった。

筋肉を意識して、動物を見たい。

興味がない動物は作れない

最後の最後、

完成間近になって、

先生が生徒さんに投げていた言葉。

リピーターさんの癖がわかってるから出た言葉みたいでしたが、

確かに、真理。

興味がない動物、

好きでない動物を作るのは、

羊毛フェルトで動物を作ることが、

ただでさへ難しいのに、

気持ち入れられないしね。

集中力がもたない

かなりの長丁場で作りました。

途中で、ケーキの休憩タイムがありましたが、

目、首、肩とかなり凝り、

暗くなる頃には、

もう無理じゃないか?

と思うくらいで、

自分は食べて栄養入れながら、

作りました。

出来れば2回にわけて作成したいくらいだけど、

そういう訳にはいかないから、

必死に頑張りました。

次回はアミノサプリ持参で行こう。

作業は細かいので、

Hazukiルーペを使ってされている方も。

目が一番、辛くなりました。

帰り道に倒れる方もいるとか。

自分も帰り道フラフラしたので、

とりあえず、持っているものを食べました。

ワークショップ開催日は?

やってみたいという方は、ぜひ先生のホームページを見て、

ワークショップの開催日を確認してくださいね。

作るものは毎回変わり、

次回はアルパカ!

難しいし、先生のと比べるとだいぶ違うけど、

それでも、一匹で見れば、可愛い!

ワークショップに来たら、

絶対出来るからと言われました。

確かにできました。

やってみたい方は、ぜひお試しを!

最後に、みんなで撮った記念撮影は超かわいいです。

日本橋三越にて作品の展示販売

1月23日(水)~2月19日(火)の間、

日本橋三越本館5Fのタオル売り場にて、

作家ユニットbuomi(ブウミ)を組んでいる森田MIWさんのタオルフェアが開催され、

そこに先生の羊毛フェルトの作品も一緒に展示されます。

実際に見にいく大チャンス!

興味ある方はお見逃しなく!

私も、タンザニアから帰ってきたら見にいこう。