小泉武栄先生の地生態学講座1回目 地生態学とは何か?

厚岸道立自然公園 琵琶瀬展望台より

連続して授業のような講座を受けるのは、20年以上ぶりです。

うけっぱなしはマズイと3回目を受けて思い、少しだけでも書き残すことにしました。

時間が14時からなのと、先生の語り口がソフトで気持ちよいのと、あんまり興味がもてない難解な話が続くと、毎回寝てしまうのですが(先生、失礼なことをして大変申し訳ありません。寝ない努力はしているのですが、、)毎回、おおっと思うことはあります。

それだけでも、書き残そうと思います。

<講座1回目>

地生態学とは
地形・地質を基盤環境として生物の分布を把握しようとする研究分野。なぜそうなったかを考える。これは、小泉先生の定義で、全く同じことをされている人はいない。

考え方
主題を植生分布や動物分布の原因の解明に置き、地形・地質・地質条件を基盤環境として扱う。プラス自然史。なぜ、そこにその植物・動物があるのか、ないのかを解明する。地質が変われば、地形や表層を覆う岩屑(がんせつ)が変わり、それが土壌や水文環境を変えて、植生や動物群集を変化させる。

一連のつながりで考える
プレートテクトニクスによる地質の形成、
隆起による山地の形成、
火山の形成、
岩石の風化・浸食、
氷河期を経ることによる山地地形や氷河地形の形成、
細かい斜面形や尾根・谷・崖・斜面堆積物等の場の形成、
それらがつくりだす小気候・水文条件、現在の地形形成作用の違い、
場に対応した植物群落の分布や動物群集の分布など。

1回目の講座では、このあと、具体例をバンバン示して興味深い話が続きました。理解する前に次にいってしまう、猛スピード感な授業でしたが、具体例は楽しかったです。ツシマヤマネコの分布と地質の話が特に。

当然と言えばそうですが、初回は初めての単語が多すぎて、頭がパンクというか、落ちこぼれ状態になりました。

でも、上に書いたこと、具体例からどう考察したか、自分が知りたかったひとつの「つながり」を学問として繋げて考えているのは先生しかいない。とわかっただけでも、大きな収穫でした。

いままで訪れた場所を、上述の点で、まずは分解する。そして考察する。という方法がある、とわかったことは、大きなワクワクでした。大きすぎる宿題ですが。

定義はすごく重要で、肝だということがわかりました。そして、安易に答えを求め過ぎていた私。自分でひとつずつ、考えることが必要と気づけました。そして、そのための基礎知識の勉強が必要だとも。娘の中学生の教科書からやり直します。

小泉先生、出来の悪いよく寝てしまう生徒ですが、引き続きよろしくお願いします。

関連記事もあります。よかったら、こちらもお読みいただけたら、うれしいです。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。