弁当作りのダイバーシティ? なんのこっちゃ? でも納得

本日の晩御飯
お弁当づくりは、好きですか?

自分にはハードルが高いです。そもそも料理をすることに負担を感じます。でも、最近時間に余裕ができて作る回数が増えてきたら、だいぶ気持ちが楽に、そして料理が楽しくなってきました。人生初です。しかも、家族がよく食べてくれる、ありがたいです。

今夜の会話

娘のお弁当づくりについて、娘が不在だったこともあって、話題になりました。夫は私がいない時は、食事も作るし、お弁当も作ります。しかも料理をすることが、私と違って嫌いでありません。

そんな夫が「僕の作らないものを君は作ってね。ダイバーシティがなくなるから。」と。

弁当にダイバーシティを言うか!と突っ込み入れたくなりましたが、僕の作るものを真似ないでねということです。

夫のつくる弁当は、男子に人気です。小学生の塾の時も、中学生になっても肉がメインでバン!と入っているのが男子に受けるようです。娘は肉が大好きでよく食べる子なので、肉は大盛り、白ごはんもたっぷりです。

具体的にいうと、焼き肉、鳥の骨付き肉、ウナギ、大盛りサラダ(ドレッシング別添え)、トン汁などです。そのざっくりしたお弁当に、私はえっ?と思うこともありましたが、男料理だし、パパが作る弁当はママのと違うのは、作り手が違うのだから当然でしょう。

夫は、コンビニのお弁当をモデルにして作っているそうで、なるほど~と感心、今日初めて知りました。

気づき

夫婦二人で料理をすると、2倍レパートリーが増えます。お弁当も多種類できます。我が家は必然的にそうなりましたが、二人ともそれぞれの方向性で料理をするのが、いいのかもしれません。

焼き肉弁当は作るのは簡単だし、娘が喜んでいるので真似したこともあったのですが、それはやめようかなと。

私の作る茶色いおかずを娘は喜んでくれます。同じものを夫が作っても、「これはママのが美味しいよねぇ~。」と言っているそうで、私がいない時の会話なので、聞けていないのですが、自分はこの路線でいこうと思った夜でした。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。