沖縄のジュゴン 4頭目が確認される 2017年3月19日

沖縄西部の本部(もとぶ)近海

ジュゴン、という動物を知っていますか? 海に生息する生き物で、クジラのような体に、やさしい顔つきの海洋性哺乳類です。体長は約3m位、尾はクジラの様な尾びれで、海草(アマモなど)を主食とします。

くわしくは、WWFのサイトを見てください→こちら

沖縄滞在中の西部を移動中に「この近くにジュゴンが3頭生息している。」ということを、聞きました。

その翌日「4頭目が確認された。」とニュースで報道されたことを聞きました。個人的には衝撃的ニュースでした。沖縄本島周辺の海にジュゴンみたいな動物が、まだ生活できているんだと。

基地問題で、報道されることの多い沖縄ですが、こういうニュースも放映されるといいのになぁと、できたら映像が見たいです。

学生時代に三重県にある鳥羽水族館で、ジュゴンを見たことを思い出しました。日本で唯一、ジュゴンを飼育している水族館です。機会があったら、ぜひ見に行ってくださいね。自分もまた行きたくなりました。

似た動物にマナティがいますが、マナティは尾の形が丸いウチワ型です。卒業旅行で、弟に借金して行ったガラパゴスの帰りの経由地、マイアミの水族館で20年以上前に見ました。似た雰囲気です。

この2種もきっと収斂(しゅうれん)進化なのでしょう。収斂進化とは、簡単に説明すると、別の種の生き物だけど、生活環境が似ていたために、遠く離れた場所でも、同じような形になった、進化したとする考え方です。もっとわかりやす言うと、赤の他人だけど似ている、他人のそら似みたいな関係です。

ジュゴンもマナティも見たことをほとんど忘れていましたが、今回のニュースを聞いて、しばらくぶりに思い出してきました。

地球環境は常に変化しているはずですが、ジュゴンやマナティが、そしてどんな生き物も、生活できる場がなくなるほどに脅かされないことを心から願います。

ジュゴン4頭目確認!のニュースはこちらです。

 

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。