11月23日(金) イベント開催! タンザニアサファリナイト

アフリカ・サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年以上連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:11月28日(金)14:30~16:30(14:15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

国立新美術館ミュシャ展を快適に楽しむ3つの方法

国立新美術館ミュシャ展を快適に楽しむ3つの方法

3月8日~6月5日まで、国立新美術館2階で開催のミュシャ展に行ってきました。
平日の朝開園前なのにすごい混雑ぶりで驚きました。

<入場券はセブンイレブンで購入してから行く>
会期がスタートして約1カ月後、開場時間10時前なのに、入場券を買うのにすでに並んでいます。
ネットで、セブンイレブンで定価ですが入場券が購入できます。絶対にネットで購入していくのがオススメです。

これは、地元の道を歩いていた方に、出る改札口を間違えて道を聞いたら、入場券はセブンイレブンで購入してから行くのがいいですよと教わり、帰宅してから確認しました。確かにそうです。
事前に持っていたら、入場のための場所にはじめから並べます。

入場券売り場は美術館の外に2カ所あります。待ち合わせの場合は要注意です。乃木坂駅から直結した側と、六本木駅、外から来た側にあります。

<音声ガイド520円は、使うべし!>
スラブ叙事詩という、大きな絵を見たかったので来たのですが、事前に勉強してきたわけでないので、迷わず音声ガイド(520円)を借りました。
音声ガイドプログラム

音声ガイド、これとってもいいです。絵の前に来て、番号を押すと説明してくれます。何度でも。好きな場所で押せば聞けます。機材も使いやすいです。目は絵を見るのに使い、耳で説明を聞く。しかも解説と共に、バックミユージックにスメタナの「わが祖国」が流れ、テンションが上がります。

また、館内の一角で流されていたビデオもおすすめです。映像は情報量が格段に多いし、読むより格段に楽です。ビデオの後に、絵を見ると、絵により親しみがわきます。一番奥のトイレがあるエリアの右側にあります。予備知識がない方は、途中で見に行くと、より楽しめるのでこちらもオススメです。

<できるだけ早く館内に入る!>
朝10時前に、事前に購入したチケットをもって、並んでできるだけ早く入って鑑賞する。これが極意でしょう。

絵が大きいので、人がたくさん入ってしまうと下の方は人で見えなくなってしまいます。
しかも、奥の部屋の絵は撮影可能なので、写真を撮る人が多くて、それもまた煩わしいく、うるさいです。平日木曜日の朝10時過ぎに入ってすぐは、奥の方の絵は人が少なくてとても鑑賞しやすく、気持ちよく見ることができました。その後、どんどん増えていきました。

これは、でもどの展覧会でも同じかもしれませんね。人気のない作品なら別ですが。次回また美術館に行くときは、前売り券でなくても、事前にネットで購入できないかを確認してから美術館には行くことにします。

50歳を過ぎて、大事なことに気づき、壮大な絵を仕上げたムハさんの絵を見ることが出来てよかったです。

音声ガイドで聞いたムハさんの言葉
「私たち人間は、みなよく知り合えば、よりたやすく理解しあい、互いに歩み寄ることができる希望を常に心にいだかねばならない。」との言葉が印象的でした。