イベント開催のご案内 2月28日(水)

サファリに行きたい方、アフリカに行きたいけど、どうしていいかわからない方、ぜひ一度お話を聞きに来てください! あなたの疑問にお答えするイベントです。
  • 開催日時: 2月28日(水)19:00~21:00(18時30分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

キリマンジャロ山の夜明け、朝日とキリンのアルーシャ国立公園 

キリマンジャロ山の夜明け、朝日とキリンのアルーシャ国立公園 

見えている山はキリマンジャロ山。標高5895m。高くなさそうに見えるが、そんなことは、ない。

テッペンには氷河があるという。

私は山には登っていない。これからも登ることはない。麓のマラングゲートというところまで、最初に行った時に行ったことが一度あるだけだ。

高山植生が楽しめるはずだから、森林限界手前位までは、一度は行ってみたいと考えているけども。それなら、ランチボックス持って、日帰りで行って帰ってこれると言われた。

アフリカで、植物を見たいと言う方はあまり多くない。でも、5人集まれば、ツアーの体裁は整うし、料金的にもリーズナブルになるから、いつかはぜひそんな旅を企画したいと思う。

写真の景色

アルーシャ国立公園で、太陽が上がり始めた時の写真。

モメラロッジから撮影。
モメラロッジは、もっとも純朴で、観光客ずれしていない宿。気が利かないという方もいると思う。
でも、タンザニア人らしい雰囲気を残す宿。

最初は苦手な宿だったが、いまは不便さも若干、愛おしい。そんな宿だ。

この景色が、ムーミン谷の家のようなロッジから見える場所もある。

写真の状況だとまだ暗くてダメだが、明るくなるのを見続けていたら、あるとき、キリンが草を食べているのが見えてきた。

そうこの公園は、キリンがとても見やすく、リラックスしてる。肉食獣がほとんどいないせいとのこと。

キリンが群れで歩いていて、、まるで、クレーン車がたくさん並んでいるかのように見てた。

そして、地べたに群れで座っているのを見たこともある。

動物園の番組を見ていて、キリンは滅多に座らないと。座る時は、猛烈に具合が悪いときと聞いて、野生と違うことを知る。

でも、この公園以外で、地べたに座るキリンを見たことはないので、普通ではないのかもしれない。

夜明けと朝日とキリンを写し込むなら、アルーシャ国立公園がイチオシだ。

肉食獣が少ないからといって、この公園の魅力は半減しない。むしろ、何度も行くうちに、地味深いのかもしれないと気づき始めた公園です。