イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

マダガスカルの幸せの青い鳥 オナガジブッポウソウ Long-tailed Ground-roller

マダガスカルの幸せの青い鳥 オナガジブッポウソウ Long-tailed Ground-roller

マダガスカルはアフリカ大陸の右下にある島国。英語では、8番目の大陸とよく表現され、独特な動植物の宝庫の島。生き物好きなら、ひどい目に遭っても、しばらくするとまた行きたくなるような、牽引力の強い場所だと思う。

その島の、西部のある限られた場所にいる鳥、それがオナガジブッポウソウ。

体より長い尾の長さを入れて体長50センチくらいのわりに大きく見やすい。

そして何といっても、水色の羽をもつ。下側の尾羽と肩の羽がスカイブルーだ。何だかわからないが、この鳥に妙に魅かれる。

いままでに3回、出会っているが、毎回あっという間にその時間は過ぎてしまった。

大好きな人に遠く離れた場所まで会いに行き、でもちょっとの時間しか会えない、そんな感じだ。

自然の生き物なので、会いに行っても、必ず会えるわけでない。それでも、会いたい。でも、だからこそ、会えた時の嬉しさがひときわなのかもしれない。特別だ。

恋は盲目とは言わないが、前回この鳥が出てきた時、興奮して足にとげが刺さった。足が攣ったのかと思ったほど急激な痛みだったが、そのまま見続けた。撮影し続けた。そのあと大変になることもその時は知らずに。

パソコンのデスクトップの写真もいまはこの鳥。

私にとって幸せの青い鳥。大好き。

とげが刺さって大変だったときの話はこちら