肉好きな娘にひっぱられタンパク質増量中の我が家の料理 今日は簡単生姜焼き 

肉好きな娘にひっぱられタンパク質増量中の我が家の料理 今日は簡単生姜焼き 

中学生の娘は、小さい時から運動大好きで、多少の熱ぐらいなら狭い部屋で、でんぐり返しをしているような、動かないとかえって具合が悪いというような子供です。

今は、テニス部で、相変わらずよく動いています。

食べたいものは何?と聞くと、「肉、ニク、にく!!」しか言いません。

携帯電話のメッセージでも、骨付きの肉の絵をよく送ってきます。

運動もしてるし、育ち盛りだしと、肉料理を増やしました。

というか、肉の量を増やしました。

我が家は、私以外は運動量が多いので、もしかして必要なエネルギーが足りていないかもと、ある方のブログ(ビタミンアカデミー)を読んでいたら思ったのです。

私は、海外のツアー中に肉を食べると胃がもたれる、そして車酔いするようにもなってから、海外では肉を避けるようになり、そうすると日本でもあんまり食べないようになっていったのですが、あぁこれはまずいサイクルだと最近理解し、数か月前から意識して食べるように、そして最近増量し始めました。

あまりに体調が悪くて会社を辞めたのもあったのですが、タンパク質、全然足りていなかったと思います。

というわけで、肉のせいだけではないかと思いますが、最近とても元気です。

前よりパワフルな気がします。よく眠れるし。

超カンタン生姜焼き!

今日は、超カンタン生姜焼き!というのをネットでみつけて、調味料をアレンジして作りました。

豚肉300グラム

<調味料>
酒 大さじ1
しょうゆ、みりん 各大さじ2
しょうが チューブで4センチ位(と書いてあったので、およそ目分量でそれより多めをすりました)

話がそれますが、しょうがは、いつも冷凍庫にそのまま入れてあります。

使う時は、出してスリ、常に冷凍庫保存。

これだと悪くなりません。チューブよりいいと思っています。冷凍庫に入れてもそんなにカチンコチンにならないので、すれます、問題ありません。

最近は家にいるからいいのですが、しょうがは買っても冷蔵庫に入れておくと使い切らないうちに傷んでしまうことがあったので、マイルールは買って使ったら冷凍庫にすぐしまう!です。

これは、いまもそのままです。

<作り方>
調味料を混ぜいておく。

肉を油で焼き、色が変わったら、混ぜた調味料を入れる。

強火でからめ、汁がなくなるまで絡めたら出来上がり!

このレシピ、確かに超カンタンで美味しかったです。

調味料に砂糖があったのですが、いらないなぁと思って省きました。

このほかに、枝豆、刺身こんにゃく、豆腐屋さんの揚げ出し豆腐とおぼろ豆腐、味噌汁、トマトが今日の料理でした。

今日は、買い物に行きたくなかったので、冷蔵庫と冷凍庫にあった肉でで済ませてしまいましたが、こんなにちゃちゃっとやれるようになる日がくるなんて夢のよう。

先のブログの方の料理教室に行ってから私の料理人生は変わりました。

その時の記事はこちらです。まごめじゅんさんには感謝しています。

この記事思いのほか、たくさんの方に読まれているので、料理を大変だと思っている人って多いのではないのかと感じています。

今の気持ち

仕事が忙しいと、家事をする時間がもったいない気がしてくるのですが、食べることは体を作ること。

家にいる時は、よっぽどせっぱつまっていなければ、作りたいなぁとは思っていまやっています。

でもあっという間に、仕事に押しやられるので、そのバランスのとり方がこれからの課題でもあります。

☆生姜焼きの写真を撮るのを忘れたので、肉から連想して、南アフリカで撮影した草食動物のクドゥ雌です。