イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

マントルが地表に現れた、ニューファンドランド島のテーブルマウンテン

マントルが地表に現れた、ニューファンドランド島のテーブルマウンテン

地質学的なことも苦手な私です。そもそも、地理が得意でなく避けていましたが、仕事をはじめてから、そうも言ってられなく、必要に迫られ、海外の地名、国名から覚え始めました。

でも、自然観察ツアーの場合、特殊な場所が多いので、一般常識がなくても、あまり目立たなくて助かりました。といっても、幼少期から少しずつ身につけなかったことを後悔しています。

なので、ツアー中に知る、地質学的なことは、ほぉ~!といつも、初めて知ることばかりです。

テーブルマウンテンという、写真のような平らな山が、カナダのニューファンドランド島にあります。

なんて事はない山にも見えますが、実は、地殻変動により、地球内部のマントルが地表に現れて出来た山だそうで、金属を多く含み、そのせいで、植物が育たない不毛の土地となっています。

マントルが地表に現れているところは地球上で4カ所あるそうですが、ここ以外は、簡単に近づくことが難しく、地学を勉強している人にとっては、ここはたまらない場所だと聞きました。

「テーブルランド」という名前がついている山が世界に複数あります。例えば、南アフリカケープタウンとか、ベネズエラにもあったような気がします。でも、このニューファンドランド島のテーブルマウンテンがすごいのです!