11月23日(金) イベント開催! タンザニアサファリナイト

アフリカ・サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年以上連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:11月28日(金)14:30~16:30(14:15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

新カテゴリーを作った理由 何種の鳥をみたのか?初めて知りたいと思った、でも

新カテゴリーを作った理由 何種の鳥をみたのか?初めて知りたいと思った、でも

種数を数えるってなに?

鳥の世界では、世界で1万種越えるくらい鳥の種数のうち、何種を見たか?を数えて楽しむ人がいる。

簡単に言うと、自分が見た鳥の種数をチェックしているということ。

何を見たかをリストとしているということ。

これ、結構大変。

何故なら、毎年、分類が変わるので、厳密に数えようとすると毎年チェックが必要。

年末に、その分類の変更点を確認して、今年一年自分の見てきた鳥も追加して、最終的に何種になったかを確認するのが恒例行事というガイド仲間もいる。

分類が変更になると、種数が減ったり増えたりする。

同じ鳥とされていたものが、分かれて、それぞれを見ていれば2種となるし、

違う種とされていたものが、同種と認められれば、1種減るというわけだ。

まめな人で、そういうことが好きな人でないと難しそう。

私は全く数えてこなかった

私は、どうでもいいじゃんと思って、いままで全く気にしたことがなかった。

正直にいうと、面倒だからいいやと思っていた。

でも、4年前に、見て撮影した種数が、4000種に到達したお客様とご一緒したことがあった。

そして、今年、6000種に到達したガイドと一緒にいて、なんだかうらやましくなった。

いったい今の自分は何種くらい見ているのだろうか?と知りたくなった。

娘に帰ってきて、そんな話をしたら、

「近くでそんなにすごい人がいてみてるのに、なんで数えたくならないのかが不思議?」と言われる。

心の時間の余裕がなかったからなぁと、若干言い訳も入ってますが、真実。

トライしてみましたが挫折して生まれた、出会った〇〇シリーズ

相当時間がかかりそうだけど、初めてやってみようと思ったから、

数えるの方法のサイトを教わってダウンロードしてみたけど、

説明が英語で、いったん挫折。

でも、何か始めたいなぁと思って、出会った鳥、出会った哺乳類、出会ったハ虫類、出会った両性類シリーズを開始しました。

写真を出す作業をしていたら、植物や景色も好きなものは出して行きたいと思った。

自分で撮影した写真でも、すべて覚えているわけではなく、

こんなもの見ていたんだという驚きもよくある。

そんなわけで、カテゴリーを増やしたところです。

こちらは、そんなに苦にならなそうです

カテゴリーの並び替えの仕方がわからなくて、ただいま、ごちゃっとしていますが、しばらくお待ちください。

鳥の種数の確認は

種数を数えるのは、来年一年かけて、もっとかかるかもしれませんが、落ち着いてやります。

今年一年で、600種は超えていると最近ガイド仲間のお陰で知って、ちょっと驚いています。

そんなに簡単なことじゃないと、さすがに気づきました。