節分と恵方巻きと私

節分と恵方巻きと私

昨日、恵方巻きを家族で初めて食べた。

自分の子供の頃は、そんな習慣はなかった。

豆まき位だ。

娘が保育園の時に恵方巻きのことを知った。

食べ方のルール、方角が毎年変わる、黙って食べる、長いまま食べることなど、全部娘から教わった。

その時期、いつも日本に居なかった。

タンザニアにいた。

それで、帰ってから話だけ聞いていた。

楽しそうだなぁと。

ちょっと羨ましかった。

恵方巻きの予約チラシなどを見かけては、胸がチクリとしていた。

夫いわく、君がいない間(娘が)寂しくなっちゃう時があるから、なるべく楽しく過ごすようにしてるよと、あるとき聞かされた。

そうだよね、ありがとう。

今年は、2日に帰国。

夜になって「恵方巻き買ってきてよ。」と娘が夫に言っていた。

夫は夜にテニスに行き、その後スーパーによく行く。

娘も私もすでに夕食は食べていたけど、

恵方巻き、節分の豆、そしてシュークリームを一緒に食べた。

食べにくいと切って先に食べていた夫に、

「これじゃ恵方巻きじゃないよー。」と娘。

と言いながらも、3人で楽しく食べた。

こんなことが、なんだかとてもいい。

ささやかな幸せ。

恵方巻きが大量にゴミとして廃棄されるロス問題のFacebook投稿を見て、

学生時代、コンビニバイトが長かったので、よく理解できるが、

日本に恵方巻きがなくなる前に、3人で食べられてよかった。

なんてことを思った節分の日の深夜でした。