メジロチョウゲンボウ Greater Kestrel

撮影国:タンザニア

撮影地:セレンゲティ国立公園

撮影時:2018年1月29日

メモ:ンゴロンゴロ自然保護区とセレンゲティ国立公園は隣接している。

境界線、ボーダーと呼ばれている場所を少し過ぎたところ

ンゴロンゴロから行ったら左手にブロックの標識がある。

そこに時々、猛禽がとまっている。

今年はメジロチョウゲンボウがいた。

この鳥、見かける時は、やたらみかける。

今年は久しぶりに多かった。

ある年、ナミビアでもスゴクよく見た年があった。

一本の樹に、鈴なりにとまっていた。

そういう習性があるのか?

ナミビアで思ったことを、今年タンザニアで、思い出した。

5年以上経っていたが、同じような光景を見たら突然思い出した。

で、いま、これを書くにあたって、よく使う図鑑を読んだが何も書いていない。

ケニア・タンザニアの図鑑にもそれらしい記載はない。

それで、南部アフリカの図鑑を出してきて、読んでみたら、3冊目にヒット。

降水量に反応して移動すると。

今年は、結構すでにこの地に雨が降っていた。

ちょうど集まってきた後に、私たちが通ったのだろうと推測。

少しずつ体験と知識が結びつくのが面白い。

そして、もうひとつ。

写真の個体は、目が黒いので幼鳥。

目の色が薄いクリーム色になったら成鳥。

確かに可愛い顔だし、メジロじゃないしねと納得。

至近距離で、出会ってくれて、感謝。

写真の個体は、標識の上にとまっていた個体でなく、もう少し先にとまっていた別の子。

可愛い子を、選んでしまいました。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。