10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

ルリガシラセイキチョウ Blue-capped Cordonbleu

ルリガシラセイキチョウ Blue-capped  Cordonbleu

撮影国:タンザニア

撮影地:セレンゲティ国立公園

撮影時:2018年1月29日

メモ:幸せの青い鳥、ではないが、本当に青くて美しいので人気のある鳥。

青い色、ブルーは、物心ついたときから大好き。

戦隊モノが好きな方にしかわからなくて恐縮ですが、アオレンジャーが好きでした。

話がさらに飛んで恐縮ですが、中国の青いケシにしても、

青いから人気が出たのではないかと思う。

この鳥に雰囲気の似た鳥が、アフリカ・サハラ以南に3種います。

フナシセイキチョウ(Blue Waxbill)、

セイキチョウ(Red-cheeked Cordonbleu)、

ルリガシラセイキチョウ(Blue-capped Cordonbleu)

の三種。

この中でも、雄の頭全体が青くて美しいのが、

写真の鳥、その名の通りの、ルリガシラセイキチョウです。

全長13センチと大きくないですが、ひときわ目を引きます。

タンザニアでは、水場で見る機会がありますが、それほど多くありません。

人工の水場、トイレの裏の水が漏れたところや、小川のようなところでも見たことがあります。

また、背の低い灌木にも時々見たこともあります。

写真をお見せしたら

「こんな青い鳥が本当にいると思わなかった。」と言われたことがあります。

本当にいるんですよ、青い鳥。