12月22日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。あなたの旅の疑問にもお答えします。

内容
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)からいくつか旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

  • 開催日時:12月22日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

海外旅行に行くときの航空会社の選び方 どの航空会社を選択するか? 決めるポイント

海外旅行に行くときの航空会社の選び方 どの航空会社を選択するか? 決めるポイント

こんにちは、自然の旅案内人、みきです!

自分で海外旅行の計画を立てる時、

航空会社の選び方、

悩ましい方がいるようなので、

どうしたらいいのか、

私が実際にどうしているかを元に、

理由と共に書いていきたいと思います。

その前に、こんな方は、これから書くことが参考にならないので、読み飛ばしてくださいね。

乗りたい航空会社が明確にある方。

航空券代が、安ければ安いほどいいという方。

目的地到着まで、時間はいくらかかってもいいという方。

航空会社の選択方法

1 直行便で行ける場合は、直行便を選択する

理由:リスクが減るから。

飛行機が遅延するリスク、

荷物が届かないリスクなど、

飛行機を乗り継げば、乗り継ぐほどリスクは増える。

辺鄙な国によく行くからと思われるかもしれないけど、

行き先がヨーロッパでも、航空会社を変えて乗り継いだりすると、

荷物が行方不明になることは、それほど珍しくない。

そして、みな、他社のせいにして、埒が明かないこともある。

なるべく乗り継ぎ回数は少ない方が、断然いい。

2 乗り継ぎ回数が少なく行ける航空会社があれば、それを選択する。

理由:1と同じくリスクが減るから。

3 乗り継ぎ時間が、短かすぎない乗継(できれば3時間以上、アメリカなら3時間半以上がベター)が可能な航空会社を選択する。

理由:飛行機が遅れることは、普通によくある。

アメリカの様に、通過するだけでも入国を余儀なくされる国もある。そうしたら乗り継ぎに、大変時間はかかる。

4 似たような航空会社で選択に悩んだら、乗り継ぎ空港が、乗り継ぎしやすい航空会社を選ぶ。

理由:空港が使いやすい方が、待ち時間も楽。

カタール航空と、エミレーツ航空、どちらも空港がある、

同じような場所に行くなら、

私は、迷わずカタール航空を選択する。

ドーハの空港のほうが断然使いやすいから。

行ったことが無いとわからないかもしれませんが、

エミレーツ航空しか飛んでいない路線なら、使いますが、

カタール航空が飛んでいる路線なら、

ドーハ経由で選びます。

ドーハのハマド空港の方が、数段乗り継ぎしやすいし、

快適だからです。

ただ、快適かどうかは、人により差異がありますので、

異論がある方はお好きなほうをどうぞ。

ただ、乗り継ぎ時間等はご自身でご確認くださいね。

乗り継ぎ時間が短すぎても、長すぎても不快なので、

適度な長さは微妙です。

ただ、カタールのハマド空港なら、

個人的にそれほど辛くはないかなぁと考えています。

航空券代について

航空券代は、

確かに大事です。

4万以上違うなら、

自分も、

安い方を選ぶか、相当悩みます。

ただ、

料金よりも、

乗継しやすいか、

航空会社が快適か?は、

判断が悩ましいところです。

飛行機で着いた先が目的地です。

行く途中は、あまり重要ではありませんが、

長い時間を過ごすのであれば、

快適に越したことはなく、

しっかり悩んだ方がよいです。

海外旅行が慣れていない方なら、

JALやANAを選ばれると、格段に楽です。

時々、乗り継ぎの関係でのりますが、

日本の航空会社に乗ると、

そこからもう日本なので、とても楽です。

機内食も日本食に近いですし、

口にあるものが、何かしらあります。

逆に至れり尽くせりで気持ち悪いときもあるくらいです。

先日、エチオピア航空に乗りましたが、

成田から既に、アフリカ感があり、

ドキドキしました。

それはそれで、面白かったですが。

どの航空会社を選ぶかは、その人によるというのが正しいと思いますが、

参考になれば幸いです。