ズワランガ ZUVALANGA ビーズ作家さんご紹介

国立民族学博物館に、先日訪れました。

そのミュージアムショップで、

偶然出会うことのできた、

ビーズ作品。

ドストライクに自分好みで、

1人で興奮しました。

アフリカでビーズやワイヤーで作られたお土産はよく見かけるのですが、

センスがいまひとつなものが多くて、

気に入ったものは即買いするのですが、

そこまで気にいるものは滅多になく、

デザインがなぁ〜、

なんとかならないかなぁ、

動物ものでもっと色々作ってくれたらいいのにな〜とか、

常々思っていました。

そしたら、日本で出会えました。

少し前に、展示会をされていて、

そのご案内がまだ博物館にあったので、知ることが出来ました。

ご夫妻で、ビーズ&ワイヤーアートを南アフリカで学んだそうです。

ビーズ作品が好きな方は、

彼らのウェブを見にいってください。

とっても美しく、キュートです。

生き物が好きな方なら、

たぶん、

すごく好きな子が見つかると思います。

キャッチの写真は、

ナマケモノ!

手足の極端に長い感じが、

デフォルトされているけど、

リアルで、

デザインがステキ。

アフリカの動物じゃないけど、

博物館で販売されていた中で、

これが一番気に入って、

ガラスケースから出してもらって、

連れて帰りました。

早く次回の展覧会が決まらないかなぁと、

終わったばかりのようですが、

すでにとても楽しみです。

作成されている方と、

ぜひお話ししたいし、

たくさんの作品を見てみたいです。

ズワランガのサイトはこちら!

大阪の国立民族学博物館を訪れた時のブログはこちら!

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。