イベント開催のご案内 2月28日(水)

サファリに行きたい方、アフリカに行きたいけど、どうしていいかわからない方、ぜひ一度お話を聞きに来てください! あなたの疑問にお答えするイベントです。
  • 開催日時: 2月28日(水)19:00~21:00(18時30分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

9月スタートで、来年2月10日の23キロマラソン完走のためにしていること

9月スタートで、来年2月10日の23キロマラソン完走のためにしていること

肝は、パーソナルトレーナーとスロージョグ

若干、無謀かもしれないのは理解しているつもり。

でも、パーソナルトレーナーに教わりながら、走りはじめた私。

スロージョグ、話しててもキツくないスピードで走る。

でも、一人で走れそうにないので、犬の散歩から思いつき、犬の代わりに、娘に一緒に走ってとお願いした。

母の私とは全く違って運動好きな娘、すぐにいいよと。

そして、今日は走らないの?とせっついてくれる。

アプリも大事

Nike +Run Clubのアプリを入れて、iPhone持ちながら走ると、何メートル走ったか、何分走ったかがわかる。

これ、走りはじめの時に役に立った、走り続けるモチベーションのために。

何メートル走ったか分かるのが嬉しくて。

何キロじゃなくて、何メートル、いかに今まで走っことがないか。

あまりに、何度も見ていたら、「走ることに集中!」と娘に取り上げられた。

でも、今まで生きてきて、1キロ単位で走ったことがなかったから、どのくらい走れているのかを見て、もうすぐ一キロ、もうすぐ二キロとかいう、それが楽しかった。

そして、タイムもでる。

1キロ何分ペースかがわかる。

運動は好きな方だったけど、持久力が幼少期からなかった

実は、小中学生までは足が早かった。でも、子供の頃から長距離はとても苦手で、すぐ息があがって胸が苦しくなる。

小学校のグランドは、直線で30メートルがギリギリ取れる、校庭の小さな学校だった。

校庭を10周しても800メートルだったけど、それをやるとそのあと真剣に具合が悪くなった。

自分だけいつも、とてもゼーゼーしてるから、体がどこか悪いのかと思っていたくらいだ。

体力をつけようと初めて思った時と、今回走り始めた理由

この仕事をはじめ、ツアーに出たら体力がたりない事がすぐにわかった。

1日が終わるとすごく疲れる。

泥のように寝れてしまう。

それで、体力つけようと思って、大人になってからテニスを始めた。

しかし、職業病で腰痛がひどくなり、テニスをすると坐骨神経痛がでるので、ヨガに変えた。

ヨガは腰痛緩和に、そして精神の安定には多いに役立ったが、運動量としては足りなかった。

それで、適度な運動量がある運動、何がいいかを悩んでいたところ、走るのがいいと。

それで、走ろう!と思ったけど、実際に走り始められずに長いこと時間が経った。

自力で1人で走るのは無理だと悟り、パーソナルトレーナーの方に、一から教えてもらい走り始めることにした。

そして、大胆にも先に、23キロマラソンに応募した。その経緯は、こちらの投稿

コーチを受けながら走るとは

それから、コーチを受け始め、走ることを最初から習い始めた。

そして、昨日は3回目の練習だった。

2回目の練習で、生まれて初めて5キロ以上連続して走った。

足首が痛くなったりで、脚が重くなったりと大変だったけど、予想外にも5キロ走れてしまった。

しかも、まだ走れそうという感じもあり、自分でもびっくりした。

昨日は10キロが目標だった。

結局、フォームが乱れてきて、8キロを前に走り終えたけど。

悪いフォームで走ると体がそれを覚えてよくないからと、説明を受ける。

根性でまだ走れるもしれないけど、走らない方がいいと。

そういうものなのかと、確かにそうだなと納得した。

脳に正しいものを記憶させるということは、何においても大事だ。

時間もかかる。

走ることも一緒なんだと、納得。

次回までの自主練習メニューの確認

次までに、1キロ6分50秒台で5キロ走って、全速力の7、8割の速さで走る。

これを1セットにして、3本~4本するという。

先日、はじめて近所のランナーのためのコースがある公園に走りにいった。

そこでやるのにちょうど良さそう。

走ること以外もたくさん教わる

走る前のストレッチもしっかり習う。

五本指の靴、Vibram five fingerビブラムファイブフィンガーを履いて走っている。

これを履くことで、よりいい運動になっているそうだ。

そして、走り終わった後のストレッチ。

さらに、スポーツアロママッサージもお願いしている。

だから、心置きなく全力で走れる。

筋肉痛は、筋肉が育っていると喜ぶもの

8キロ弱走った翌日、太ももの前や、内側、そして外側、脚の上部が筋肉痛だ。

腹筋を使って走ることを意識して走ったせいで、胸の下あたりも筋肉痛。

今朝は、起きて、全体が筋肉痛で体がだるすぎて、ホント体弱いな~と自己嫌悪に陥っていた。

でも、そのことを伝えたら、「全身のだるさは筋肉が育ってるんですよ、僕なら喜びますよー!」と教えてくれた。

思いもよらぬコメントだった。

そうなんだ、育ってるんだ。

このだるさは。

昨日の負荷が、今日の成長に役立っている?

初めて知った。

初めての楽しみ

走りはじめて、初めてのこと、初めて知ることがホントに多い。

初めてのことって、ドキドキ、ワクワクする、楽しい。

そしてガイド仲間と、走ること、マラソンの話で盛り上がれたのは驚いた。

全く想像してなかったが、フルマラソンを走った話を二人から聞く。

そして、アドバイスをくれる。

「長い距離走った方がいいよ~本番前にね。」と、コーチと同じことを言っていた。

「今度靴持ってきなよ(ツアーに)。いっしょに走ろう。」とも言われた。

予想外な展開すぎる。

そんな私のパーソナルコーチは飯泉賢さんです。

次回、来月のレッスンまで、自主練を頑張ります。